お電話でもFAXでもご注文できます

カートを見る

商品カテゴリー
おすすめ商品
売れ筋商品
-->
その他のページ

ノルディックウォーキングネットワーク

もっと安心2本杖/テレビで紹介。ゆがみ・歩行改善ノルディック

型番 もっと安心2本杖
販売価格 11,000円(税込11,880円)
会員価格 9,722円(税込10,500円)
購入数
カラー

あんしん2本杖との違いは「濡れたところでもすべりにくい」ので「もっと」安心です。

【会員優待価格】
★会員の方はページ左上にある「ログイン」のアイコンからログインしてください。会員向けの金額が表示されるようになります。
★まだ会員でない方は、ページ左上にある
「会員登録」のアイコンからまず会員登録をしてください。そのあと必ず「ログイン」して購入手続きをください。手続きはカンタン、元気日和からのお知らせを送らせていただきますが、会費等は一切かかりません。

★会員登録のあと引き続いてご購入の場合
[ログイン]をお忘れなく!


はじめての方でも安心。歩き方をズバリわかりやすく説明しています。その他簡単なウォームアップや筋トレ、ロコモの解説も入っています。
※元気日和だけの特典です。商品とは別にお届けします。

◆お電話どうぞ。
ネットショップの利用に慣れてない方や、ポールウォーキングや2本杖(ポール)についてもっと説明を聞きたい方は、ご遠慮なくお電話ください。
日本ポールウォーキング協会公認の指導者資格を持つ相談担当がお答えします。
03−6913−8487、平日10時〜12時。ただし不在の日もあります。) 
◆ご購入後でも電話・メールにて使い方や歩き方についてご相談に乗りますので元気日和なら安心です。
電話・fax注文の場合は会員価格は適用できませんのでご了承ください。

★オススメ★
☆5月22日放送のNHK「ハートネットTV」で、整形外科医が持参したシナノ製のあんしん2本杖とレビータが使われていました。
☆2013年8月5日放送テレビ東京「主治医の見つかる診療所」でも紹介!「ノルディックウォーキング」と呼んでいましたが、整形外科医の指導のもと80代の女性が使っていたポール(ストック)はこれです。(前方着地用。手をストラップで巻かない)
[主治医の見つかる診療所](テレビ東京系)から
100歳になっても自分で歩ける体をめざそう
ゆがみを改善すれば100歳になっても自分の力で歩ける
80歳、90歳になってもゆがみを改善することは可能
インナーマッスル(体幹筋)が弱くなっている
ストック(ポール)を使って歩くのはインナーマッスルに効果的
ストックで周りのインナーマッスルが伸びることによってゆがみが改善される
☆2013年6月20日放送のNHK「ゆうどうきネットワーク」で紹介されたような歩行に不安のある方には、整形外科医が開発したこのポールが最適です。
☆NHKテレビのおはよう日本「まちかど情報室」で紹介されて反響が今も続いていたところに、「ゆうどき」でも紹介されてブームになってきています。

番組に登場した利用者(年配の女性)の言葉「これがなかったら家の中に閉じこもっていたかもわからないし、2本の杖はもう離せない私の体の一部です。」
※2012年9月12日放映





新デザインになりました!



もっと安心2本杖 2本1組
■ 長さ調節式ウォーキング用ポール(80-114cm)2cm毎 : 対応身長130cm-181cm
■ ラチェット調節式
■ シャフト 上・下段ともアルミ製(上段16φ+下段14φ)
■ 重量:約220g/1本 
■ 滑りにくい安全先ゴム 
■ カラー/シェブロン、リングス、ヴィクトリアン、パンサー、エルシオン 

もっと安心2本杖は、「あんしん2本杖」に比べて、濡れた路面でもすべりにくいものを装着した商品です。 先端に「滑りにくい安全先ゴムPP-18」を装着しました。

◆「あんしん2本杖」は、医療・介護分野でのウォーキング補助ポールとして、登場以来大きな評価をいただいてきました。特に、NHKの「おはよう日本」のまちかど情報室のコーナーで紹介されたことはたいへんな反響を巻き起こしました。(2012年9月)
◆あんしん2本杖は、ウォーキングを楽しみたい年配の方向けに開発されました。手の握りの弱い人でも手がすべり落ちる心配がありません。
◆長さの調節方法は、ボタンを押し込むラチェット式です。握力が弱めの方も、簡単に長さが調節でき、安全に固定できる設計です。
◆下段シャフトには身長の目盛りがついていますので、ご自分の身長に合わせると、適切なポールの長さを決めることが出来ます。
◆また、あんしん2本杖の先ゴムは平らな形にしているので安定感があります。(先ゴム:あんしん2本杖PP10-14)

◆転倒防止効果を実感しながら、より安全なウォーキングをお楽しみいただけます。
介護予防に、年配の方の運動のお供に、メタボリックシンドロームロコモティブシンドローム(運動器症候群)の予防改善にご利用いただけます。



【通常ご注文の当日または翌日発送】






ロコモ(ロコモティブシンドローム=運動器症候群=歩けなくなるかもしれない症候群)対策の代表選手です。



私たちが開催したポールウォーキング(ポールバランスウォーキング)の講習会に参加していただいたシニアの方から、「これまで地面を見て歩いていたけれど、今日から景色を見て歩ける」というお言葉を頂きました。

歩く楽しさを思い出して欲しい。足腰の弱っている方にこそぜひ試して欲しい。そう願っています。


【1本杖と2本ポール】
を長く使っている人を見ると、体が前傾して、左右にもゆがんでいますね。これは、杖の使い方を考えてみればわかります。杖は上から押さえつけるように使います。そしてそれに体重を載せて、重心を杖にかけます。そのように押さえつけやすいような長さ(というより短さ)になっているので、どうしても体が傾きます。杖は緊急避難的な用途に限定して、長くは使わないのが無難です。

それに対して、2本のポールを持つとどうでしょうか。
自分の足とポールを合わせて「4点支持」になるので、4点を結んで地面の上に四角形ができます。この四角形のことを「基底面」と呼びます。


[図出所]シナノ
基底面が大きいほど歩行は安定します。1本の杖や1本のポールでは、基底面が三角形になって、2本ポールの基底面よりもずっと小さくなってしまいますね。この基底面の中を重心が移動する限り、歩行によって転倒しません。2本ポールを持つことがいかにバランスよい安定的な歩行を実現するかがわかっていただけるでしょう。 


シナノのポールは整形外科医の安藤邦彦先生とフィットネス指導者育成の第一人者(現日本ポールウォーキング協会代表)の杉浦伸郎氏が開発した信頼できる製品です。手の握りの弱い人でも、ポールを持つ手がずり落ちないようにするなど、さまざまな工夫がされています。

◆◇参考情報多数!ポールウォーキング専門サイト「ポールウォーカー」(運営:NPO法人みんなの元気学校)をご覧下さい◇◇◇

返品に関して 1.商品の返品、又は交換は応じられません。

2.1にかかわらず、商品の瑕疵や配送による破損、及び注文と異なる商品の配送等、元気学校に原因がある場合には、商品到着後7日以内に着払いの宅配便にて返送後、良品の注文商品と交換いたします。再送時の送料等は元気学校にて負担します。

商品の瑕疵や配送による破損、及び注文と異なる商品の配送等、元気学校に原因がある場合には、商品到着後7日以内に着払いの宅配便にて返送後、良品の注文商品と交換いたします。再送時の送料等は元気学校にて負担します。
個人情報 注文時にいただいた個人情報は、商品のお届けのためおよび関連のお知らせをお送りするために限って使用いたします。なお、商品のお届けにあたって商品の発送を担当する会社に個人情報を開示することをご了承ください。